ライブ動画【カメラ前で話す】のおすすめマイクとは?(基本編) | becometuber
メニュー 閉じる

becometuberブログ

ライブ動画【カメラ前で話す】のおすすめマイクとは?(基本編)

今回の投稿はライブ動画につかうマイクに関する投稿です。

ライブ動画とは?

ライブ動画とは、個人またはグループで、カメラの前でわいわい話したり、商品紹介をしたり、一人語りしたりする、カメラで録画しながら人が話したり何かしている動画のことを指します。Youtuberの方々でこの形式の動画を配信している人は多く見受けられますね。

有名になっている方の動画を見ていると、その人の声はすごくクリアに聞こえていて、話している内容だけが耳に入ってきます。

そのライブ動画を取るときに、例えばスマートフォンのカメラとマイクを使って動画を取っている方は、もしかしたらそろそろ専用のマイクがほしいなと思ったことがあるかもしれません。

または、マイクを買おうとは思っているけど、マイクにもさまざまな種類があるので、どのマイクが正解かわからない人も多いかと思います。

本日は、そんな方に向けておすすめマイクを紹介していきます。(個人の感想も入っているので、あくまで参考程度にお願いします。)

おすすめマイク① ピンマイク

ピンマイクは服に挟んで使える小型のマイクです。自分に近い距離の音を集中的に拾ってくれます。

皆さんも、テレビなどで上半身裸の芸人がガムテープでつけている小さいマイクを見たことがあるはずです。あれがピンマイクです。

スマートフォンと違うところは二つあります。

①話している人の近くの音しか拾わないので、騒音が比較的聞こえない。

スマートフォンで録画していると、カメラの位置とマイクの位置が同じところにあるため家の外の車の音や電車の音が聞こえたりして、見る人がそちらの音に集中してしまうという事態が起きてしまうかもしれません。

バライティ番組などを見ているとわかりますが、比較的騒がしい場所でも芸能人が話したことは私たちの耳に届きます。

②被写体の人物が動き回っていても音が拾える

たとえカメラから離れていったとしても、安定した音が拾えます。スマートフォンの場合はだんだん音が小さくなってしまうと思います。

おすすめマイク② ガンマイク

ガンマイクは、たとえ距離が離れていたとしても、特定の方向の距離を拾ってくれるマイクです。

そのマイクの方向を向いて話すと、クリアな音質で他方向からの雑音をあまり拾わず話せます。

画面の前でひたすら視聴者に語り掛ける人は、このマイクがおすすめかもしれません。

三脚とスマホ台がセットになったガンマイクもあるので、是非チェックしてみてください!

興味がある方は調べてみましょう!意外とお安いものもありますよ。

また、Youtuberお役立ちブログでは、各商品の個別紹介も行っていこうと思いますので、投稿の際はチェックしていただけると嬉しいです。

番外編 ライブ動画に合わないマイクって?

念のため、ライブ動画には合わないマイクも紹介しておきます。

・コンデンサーマイク

 主に配信動画に使われるマイクです。微細な音まで拾ってしまうので、話している声だけでなく普段自分の耳にも聞こえてないレベルで音を拾ってしまいかねません。

 特に無指向性のコンデンサーマイクは360度のあらゆる音を拾ってしまうので注意が必要です。

 配信やゲーム実況でおすすめのマイクは下の記事で紹介しています。

 https://becometuber.com/game-mike/

 では、失礼します。